フォト
2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« もうすぐ出荷終了です! | トップページ | 池を育てる »

2013年2月 8日 (金)

感動していただくために

 

 例えば何かの商品を買っていただいて、お客様に納得の域を超えて感動までしていただくには、想像以上に品質が良くなくてはいけないと思います。

では、そのような車海老を育てるにはどうしたらよいのかと、いつも考えます。

データの蓄積やノウハウや技術的なことはもちろん重要ですが、それらを継続し成長させるにはメンタル面も重要だと思います。

最終的にお客様に感動していただくには、まずは現場の同僚がお互いに感動できるくらいの仕事を日々継続しなくてはいけません。

継続するには、仕事をある意味楽しむような感覚が大事だと思います。

イヤイヤな感じや暗~い感じでどんなにいい仕事をしても、長続きしないからです。

一方で、仕事は基本的に楽しくないもので、その対価として給料があるという考え方もあるかと思います。

現場の空気は生き物のようなもので、ちょっと気が抜けたり、そういう考え方の人がいたりすると、そっちの方向へ流されてしまう危険性がいつもあります。

そうなってしまうと、対価としての給料を基準に物事を考え、その範囲内で仕事をしようとし、感動してもらえるような仕事はなかなかできません。

さらに深刻になると、仕事にあまり興味がなくなり、楽しさや喜びを感じるのは趣味など仕事外の時間で、圧倒的に長い仕事の時間はそれなりで毎日を過ごすことになります。

それでは、その人の時間や能力がすごくもったいないと思います。

どうせなら、毎日ベストを尽くして、かっこ良く仕事に熱中して過ごしたいですよね。

その方が、喜びを感じる時間がより長く、より楽しく、しぜんと感動していただけるような仕事をすることができるのではないかと思います。

ありがたいことに当養殖場では、スタッフそれぞれが、“やるな~!”“かっこいいやん!”と思わせてくれる瞬間がよくあります。

そして、そういう現場の空気を維持するために自分はどう尽くすのかということも、まだまだ未熟な私の課題の一つです。

« もうすぐ出荷終了です! | トップページ | 池を育てる »

その他いろいろ」カテゴリの記事

コメント

よっちゃんの想いをどんどん文字に残してください。いつも見守っています。

一緒に働いている人にも伝わっていると思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 感動していただくために:

« もうすぐ出荷終了です! | トップページ | 池を育てる »